外貨両替の手数料にはどんなものがある?

手数料はどんなものがあるの?

男性画像

外貨両替の手数料とは?

 

外貨両替には、いろいろな方法がありますが、様々な形で手数料を支払うことになります。

 

外貨両替で支払う手数料は、一般的には、両替手数料、スプレッド、出金手数料などです。

 

・両替手数料

 

両替手数料は、外貨両替を行うこと自体にかかる手数料です。多くの場合、両替する金額によらず、1回あたりいくら、という形で手数料がかかります。例えば、銀行で外貨両替を行う場合、1回あたり1000〜2000円程度の両替手数料がかかることが多いようです。

 

・スプレッド

 

スプレッドは、銀行やFX会社などから外貨を買ったり売ったりする際の価格の幅を指します。一般に、銀行やFX会社から外貨を買う場合にはレートが高めに設定され、外貨を売る場合にはレートが低めに設定されます。その価格差(スプレッド)はそのまま銀行やFX会社の利益となります。外貨を両替する側から見れば、このスプレッドは手数料を支払っていることとほぼ同じです。

 

・出金手数料

 

FX会社などで外貨両替を行う際には、両替手数料が無料である代わりに、銀行の外貨口座などへ送金するときに出金手数料を支払う必要がある場合があります。出金手数料は、送金1回あたり2000円程度と設定さている場合が多いようです。

 

外貨の種類によって、手数料は変わるの?

 

外貨の種類によって、両替手数料や出金手数料は変わりません。スプレッドについては、外貨の種類によって変わります。

 

一般に、米ドルなどメジャーな通貨はスプレッドが狭く、マイナーな通貨になるほどスプレッドが広くなる傾向にあります。

 

銀行などで外貨両替する場合には、一般的には決められたスプレッド幅になりますが、FXなどで取引を行う場合には、通貨の流動性に応じて、スプレッドが広がる可能性もあります。


手数料が安いFX証券ランキング

ページ先頭へ


手数料の種類は? マイナーな通貨の両替方法 FX両替は得? FX両替で気をつける事 おすすめFX会社HP⇒