外貨両替で利益が出たら税金を払う必要がある?

外貨両替によって儲けが出た時には税金を払わないといけないのか?

男性2人画像

外貨両替で得をするケースとは?

 

海外渡航で外貨が必要となるケースで、銀行で外貨両替を行うよりも、別の両替方法の方が安い手数料ですむケースがあります。

 

その場合、手数料分の差額分を得することになりますが、利益を得たわけではありません。従って、このような得に対して税金がかかることはありません。

 

では、米ドルに外貨両替をして、海外渡航をした後に、残った米ドルを円に両替した場合を考えてみます。

 

例えば、外貨渡航前に円から米ドルへ外貨両替したレートが1ドル100円だったとします。20万円を2000ドルに両替して、海外渡航後に残った1000ドルを円に戻すと仮定します。その時のレートが1ドル110円だった場合、11万円を受け取ることになります。円に戻す外貨両替に使った1000米ドルは10万円で入手しています。従って、1万円分が為替差益となります。

 

もちろん、円→米ドルや、米ドル→円の外貨両替手数料がかかりますので、1万円がそのまま利益となるわけではありません。

 

例えば、外貨両替の手数料が合計2000円だったとすると、為替差益から差し引いた8000円が利益ということになります。

 

外貨両替で得た利益に対して、確定申告が必要なの?

 

外貨両替で得た利益については、場合によっては税金がかかります。

 

この利益は、雑所得に分類されます。

 

サラリーマンの場合には、雑所得が20万円を超えなければ、確定申告の必要はないので、税金を納める必要はありません。

 

一方、自営業者や個人事業主の場合には、確定申告を行いますので、外貨両替で得られた利益が20万円以下であったとしても、雑所得として申告する必要があります。


手数料が安いFX証券ランキング

ページ先頭へ


手数料の種類は? マイナーな通貨の両替方法 FX両替は得? FX両替で気をつける事 おすすめFX会社HP⇒